futen blog

"FU-TEN"の「ふうてんぶろぐ」

HIPHOPグループ瘋癲のオフィシャルブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

来週末はお久しぶや

111022.jpg

2011.10.22 [sat]
BEAT for japan feat 瘋癲 FU-TEN supported by HIDDEN CHAMPION

GUEST LIVE:瘋癲 FU-TEN

LIVE:AFRO PARKER and more...
DJ:TBA

FOOD:ミツオカリー

OPEN 24:00

DOOR : \2,500 w/f : \2,000
【Twitter @ballo_ballo_mid のフォロー画面で\2,000】

■ Place : ballo ballo
     東京都渋谷区宇田川町12-18東急ハンズB1
■ URL : http://www.live-loop.com/ballo
※ 20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参下さい。
※ 会場付近でのお待ち合わせ及び立ち話等は近隣の方のご迷惑になりますのでご遠慮下さい。
※ 会場には駐車、駐輪スペースはございません。歩道に自転車、バイク等をお止めになりますと歩行者の方の妨げ及び 近隣の方のご迷惑になりますのでご遠慮下さい。


FU-TEN 瘋癲

瘋癲の制作の中心地となったのは、M.FUJITANIの所有する京都のスタジオ「マッシヴ・スタジオ」だった。そしてスタジオにNaked ArtsのMILI、元Mondo GrossoのB-BANDJ、DJチームBEAT TRICKSのDJ SUWAが集い、各々の経験とスキルを活かしたセッションを通して瘋癲というグループ、そしてスタイルを確立していく。
その動きの中で2001年には「THE BEGINNING E.P」「THE OVERFLOWING E.P」と2枚の瘋癲名義のシングルをリリース、また、ブルーノートのコンピレーション「NEW JAZZ STYLE」への参加など、その存在を徐々にリスナーへ明らかにしていく。
そして04年、グループとしての初のアルバム「MUSIC IS EXPRESSION」を発表。個々の卓越したスキルとセッションによって生み出された未知のグルーヴは、リスナーに大きな衝撃と新鮮な刺激を与え、瘋癲の名前を確固たるものとした。
しかし、同年、M.FUJITANIの急逝という悲しみがグループを襲う。だが、その悲しみに他のメンバーは立ち止まることなく、05年に「FLIP HOP」をリリースし、新たなページを紡いでいった。そして、その輪の中にはM.FUJITANIの旧友でもあり、2nd以降トラックメイクと共にエンジニアリングを担当するGUROの姿もあった。
06年に発表された3rdアルバム「PIECES OF TIMES」からはGUROが正式メンバーとして加入。2009年には4thアルバム「FREE」をリリース。そして各メンバーもソロ作品を計画するなど、活発な創作意欲を見せ、その歩みは更に新しい地平を切り開こうとしている。





皆様のお越しをお待ちしております!!


  1. 2011/10/14(金) 13:22:41|
  2. GURO

Profile

futenblog

Author:futenblog
いらっしゃいまし <(__)>

Categories

Recent Entries

Recent Trackbacks

携帯版ふうてんぶろぐ 
QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。